office2007時代のグラデーションを自分で作ろう

昔のパソコンと比べたら、グラデーションは、うん、と変わりました。

Wordの時間はたくさんの課題があって、いろいろな文書を作ります。
その文中の、図形やワードアートなどにグラデーションをよく使います。
作成日の古い課題ですとグラデーションが全然違ってくるのす。

「仕方がないので、今あるグラデーションで処理しましょう」と言っていたのですが、
文書の感じも変わってしまうし、少し納得していないご様子。

そうだ、自分で作ればいいんだ、と思い、色を作ってもらうようにしました。
作り方は、RGBカラー番号を入力するだけ、

『グラデーション何かいい色ないかな……』というときは、このページで探してください。いちばん下のほうにあります。また、印刷して保存していただいても結構です。





グラデーションとは

『グラデーション』とは、2つ以上の色で境目が無く『なめらかに次の色へと変化する』色のことです。

グラデーションは、色を単純に濃いものから薄いものへ変化させるものや、
 

複数の色を組み合わせて、ユーザーが独自にカスタマイズしたグラデーションもあります。






本記事では、
1. グラデーションの分岐点の扱い方
2. グラデーションを文字に適用する、
3. グラデーションの種類と方向、
4. Office2007時代 全てのグラデーションの作り方をご紹介いたします。

  


先ずは基礎から



1.グラデーションの分岐点の扱い方


分岐点を表示する

図形『正方形/長方形』を描いてハンドルをつけておきましょう。
           
ハンドルがつくと、リボンに『① 描画ツール』タブが表示されます。
    
その下の『② 書式』をクリックし、『③ 図形の塗りつぶし』『④ グラデーション』と進み『⑤ その他のグラデーション』をクリックします。
右側に『図形の書式設定』が表示されます。

 




『図形の書式設定』には下のように設定しましょう。

『分岐点』が表示されました。




分岐点を動かしてみよう

分岐点は自由に動かすことができます。
数を増やしたり、減らしたりできます。
分岐点の位置は『%』で表します。


図形の上部分の白い色が、濃くなり面積も広がりました。



分岐点を、ほぼ、4等分になるように移動して色を付けました。


分岐点の数を増やすときは『追加』ボタンを使います。


分岐点の数を減らすときは『削除』ボタンを使います。





次は、ワードアートにグラデーションを適用します。

2. ワードアートにグラデーションの色を設定する


ワードアートの挿入




書体を設定する







文字にグラデーションを設定する

RGBカラーを入力する

























3. グラデーションの種類














4. office2007以前の全てのグラデーション


























































スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク