役に立つかもしれない“ペイントでRGB値の調べ方・使い方”

名古屋のデパートで買ってきた『カエルさん』、可愛いでしょ、(でもないかな???)

絵を描くとき,なにかいい色ないかな~って、探すことがあります。

例えば、虎の絵を描くとしたら、縞模様の黒は?黄色の部分は?白は?
目の色は?と悩んだら、
きれいな虎の画像を探してきて、そこから色を探します。


もし、あなたが、
この緑色って、何色? この『カエル色』を使って、カエルのイラストを描きたい、 ワードアートや図形とかで使いたい、と思ったとしたら………、


どうしようか?


実は、


ペイントを使うと、この色がわかるのです。

色の三原色『RGB』を調べられるのです。 

今回は、ペイントで色を調べながら、Wordでその色を使ってカエルの顔を以下の順序で作ってみます。

ついでに、図形の書き方も、しっかり、覚えてしまいましょう。


1.RGB値を調べる
2.”円/楕円”だけでカエル君の顔を描く
3.”円/楕円”だけでカエル君の目を描く

RGB値を調べる

RGBカラーとは、(Red)、(Green)、(Blue)の三色のことです。
『255~0』の数値をRGB値、

たった3色で、その配合比率を変えながら、混ぜ合わせていくと、
気が遠くなるほどの数の色(255色3=16,777,216色) が作れるのです。
 ちなみに、黒はすべて足して『0』で、白はすべて引いて『255』です。

ん? 足してるのに『0』?

RGBは、光の3原色なのでどんどん混ぜ合わせて色を足して、
足して、足して、していくと、濃くなるのではなく、薄くなるのです。
なので、いちばん濃い黒が『0』が3つ、
いちばん薄い白が『255』が3つ になります。



それでは、RBG値を調べてみましょう。

普通は、写真をダウンロードして保存するか、写真に撮ってパソコンに取り入れるなどします。
 今回は、このページのいちばん上にあるカエルの写真を右クリックして、『名前を付けて画像を保存』をクリックして使ってください。



『名前を付けて画像を保存』したら、保存先にある(今回は『ピクチャ』です)カエルのアイコンを右クリック⇒プログラムから開く⇒ペイントと、進みます。



ペイントで開かれました。 ↓

カエルさんの、『(顔の部分)濃い緑・薄い緑、(目の部分)白・黄色・黒』を作ります。



1.濃い緑のRGB


『色1』が黒であることを確認します。【色の選択ボタン】クリックします。カエルさんの『濃い緑』の部分に、【色の選択ボタン】クリックします。



『色1』が、カエル色の『濃い緑色』に変わりました。

      

  
   【色の編集】をクリックします。 ここで『RGB値』が分かるのです。                



表示されたダイヤログの『RGBカラー』が、濃い緑色の配合比率です。
メモを取っておきます。




2.薄い緑のRGB

同様に、『色の選択ボタン』をクリックして、カエルさんの腕の『薄い緑』の
ところをクリックします。

表示されたダイヤログの『RGBカラー』が、『薄い緑色』の配合比率です。
メモを取っておきます。




3.まぶたの白い部分

同様に、カエルさんの白い部分を色の選択でクリックします。

表示されたダイヤログの『RGBカラー』が、『まぶたの白色』の配合比率です。 メモを取っておきます。




4.目の黄色の部分と黒の部分

次は目の部分です。同様に調べてみましょう。画面が小さい場合は、ペイントの倍率を上げます。

目の部分の『黄色の部分』と、『黒目の部分』のメモを取っておきましょう。



これで、カエルさんを描くのに必要な色がわかりました。
次は、Word図形を使って、カエルさんの顔を描きます。






1.ペイントの活用、色の選択ボタン、RGB値、RGB,RGBカラー へ
2.”円/楕円”だけでカエルの顔を描く へ
3.”円/楕円”だけでカエル君の目を描く へ








まとめ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク