Excel表をテーブル化する方法と6つのメリットとは

Excelで簡単素早く住所録ができました。
その住所録をテーブル化すると、さらに、便利に使えるのです。
 

メリット
1. テーブルスタイルの変更:ご自分のお好みの模様をクリック1つでOK。
  表の拡大や縮小が簡単にできる。
2.新データ入力が超簡単:何も書いていない新しい行に一文字入力するだけで
  書式設定もそのまま行が追加される。
3.フィルターモードになる:データベース管理がお手軽にできます。
4.数式・書式・入力規則:自動的に、しかも、瞬時にコピーされます。
5.関数:参照範囲なども自動的に認識されます。Sum関数、Vlookup関数も楽
  ちんです。
6. ピボットテーブルもワンタッチ。
   このページでは、表をテーブル化して、個人データを入力していきます。
   ここからは、テーブル化の仕方から順番に詳しく見ていきましょう。

『練習用住所録』は、いちばん上の『使用データ』タブにあります。


表をテーブルに変換する

「テーブルとして書式設定」の適用

表を範囲選択する

それでは、名簿にデーターを入力していきましょう、



データーを入力する





表の構成を確認しておきましょう


表の構成

1.列見出し(フィールド名)…データを分類する項目名です。列見出しは必ず
  設定し、他の部分とは異なる書式にします。(例えば、文字を太字にする、
  行に色を塗るなど。『表のテーブル化』をしておくと、それもすでに出来上
  がっています。)
フィールド…列単位のデータです。 列見出しに対応した同じ種類 のデー
  を入力します。(住所フィールドの中に、電話番号を書いたりなど)
3.レコード…行単位のデータです。 1人分のデータを入力します。




次のページでは、『テーブル化した表』を活用します。




2.Excel表をテーブル化する方法と6つのメリットとは 

エクセル住所録はただの名簿ではない簡単に素早く作ってみよう  に戻る











スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク